秋の夜長にそよぎの詞〜その2〜

「 はだかのこころ 」 詞 そよぎ

2010年4〜5月頃の作品。
とあるコンペ用に、条件のある中で1コーラス書く。
意外と面白く、サップラ用に、改めてフルで書き直す。
季節の情景を取り入れた歌詞。
「冬の○○」は何?というお題により、
サップラーの皆さんからたくさんのアイデアを頂き、
イメージをより膨らませることができた。
未発表(ライブでの演奏のみ)









 「 はだかのこころ 」 



言えなかったよ 

裸の心震えて  

ちぎれてしまった糸 たぐりよせ  

思いは散った 春の風に  



出会った瞬間に 全て決まっていた  

追いつける時まで お守りにした  

あなたを知って  

こんな私でも輝けると信じた  



会いたかったよ 裸の心叫んで  

その瞳に 見つめられたくて  

光ったんだよ  



欲しかったよ 

あなたを守る力を  

眩しい笑顔が 消えないように  

願い込めてた 秋の空に





密かに思う時 まっすぐでいられた

あなたに向かう時 幸せだった


ひとりぼっちで

帰れない夜に

呑みこまれてしまった



愛してるよ 

裸の心溢れて

もう 過去も

未来も何にも

わからないよ



私はずっと 

あなただけのものなのに

手を繋げるのは 

ひとりだけ

流れて堕ちた 

冬の彗星




言えなかったよ 

裸の心震えて

その瞳に 見つめられたから

光ったんだよ



私はずっと 

あなただけのものなのに

さよならで

はがした心が 

寂しかったよ



欲しかったよ 

あなたを守る力を

むせぶ風に揺れて 

誓います



瞼に残った 

夏の影に