動き出す季節。

最近、なんだか忙しい。

 

自分のまわりの人たちが動き始めている。

 

 

人生の岐路に立たされている人、

携帯を変えたい人、

病気が良くなった人、

膝が痛い人、

思い出を語りたい人、

お腹がすいている人、

 

 

新しい出会いもあるし、

再会もある。

もう会う事はないだろうな、という人もいる。

 

みんなが私に春の兆しを教えてくれる。

私も、動かなきゃ。

出かけなきゃ!

 

そんな気分になっています。

 

 

 

 

【写真展に行ってきました】

3/3(土)迄。

伊藤弘写真展

『キオクカイロ

〜傷フィルターで見た世界』

代々木駅近くのcafe nookにて。

 

 

店内の様子。

大人の隠れ家的なお店です。

cafeであり、barであり。

プリンがとても美味しいです。

アコースティックライブも開催しているようです。

いつかやってみたいな〜。




【読書しています】

月に10冊くらいのペースに落ち着いています。

その時に選ぶ本によって、心理状態が見えそう。。。

今回は、重めな感じです。

時々エッセイをはさむのがポイントです。

 

 

 

作業の日。

午前中から作詞作業。
お、はかどる!
朝のチカラ、すごいかも。





その後、くーくんちで、
仮歌入れをした。


朝作っていた歌詞の仮歌も入れられた!

間に合った!うれしい。




すべて無事に終わって、
ランチはナポリタン!
懐かしくて、美味しかった。



近々、サップラの制作もやろうね!

今日の本。
『真鶴』川上弘美


春を待つ。

 

若い人にまぎれて、原宿でクッキーを買う私。

 

 

しかし寒い日が続いていますね。

ますます出不精になっている私です。

 

その代わりに、家で過ごす時間を大切にしています。

 

珍しいチューリップをみつけました。

 

今が旬のチューリップは色も形も様々なものがあるようです。

 

きれいです!!

 

お花は生きてるから、毎日変化して、違った魅力を伝えてくれます。

そんなところが好きです。

 


 

 

今、というか、今日読んでる本。

『悪人』下

吉田修一さんの小説は、すごいですね。

とても重たい内容の作品ですが、

どんどん読んでしまいます!

細かいエピソード(設定?)にセンスを感じます。

すごいなあ〜と物語とはまた別の感動を味わいながら、

楽しんでいます。

 



 

そろそろ、スタジオにも入ろうかな。。。

歌えばきっとあったかくなりますね!

 


 

14:30~22:30まで。

打ち合わせの後、ドーナツを買いに行こうと思っていた。

しかし携帯を忘れてしまい、店の場所がわからない。

くーくんが一緒に行ってくれるということで、

ならば、私の家で食べようぞ、ということになった。

 

 

ほとんどずっと、音楽の話をしていた。

たくさんの刺激をくれる音楽人が

近くにも遠くにもいるから、

私たちの熱も冷めない。

 

ひとつずつ、大事に作っていこう。

一歩ずつ、やっていこう。

 

そう思える。

 

 

 

打ち合わせ14:30から始まって、

22:30まで遊んでいた!

 

楽しかったね。

おなかいっぱいで眠くなったので、

お開きにしました。

 

 

 

 

ピザ食べた。

最近の宅配ピザ、美味しくなったね!



へんな顔。

 

 

『ヒグマドーナツ』

北海道の小麦を使った

揚げたての美味しいドーナツ。

パンのようなふわ、もち、食感。


 

 

 

読書熱。。。

本を買い続けることはお金がかかるので、

ついに図書館へ。

2週間15冊借りられます!!

重たいのでとりあえず7冊。

安心。

 

 


 

 


 

雪柳

 

実は、これまで、読書が苦手でありました。

インプットの作業もどちらかというと映画が多く、

映画が好きで原作を、ということで本を手に取ることが多かったです。

 

それが不思議なことに、年末から、ずっと本を読んでいます。

今年に入って、もう4冊目が終わろうとしています。

 

読書が苦手なことが、コンプレックスでもあったので、

急にそれが解消されたことがうれしく、

でも、本がないとそわそわして困る。

そんな日々を送っています。

 

 

 

本の世界は無限に広がる海みたいで、

どこにいて、どこへ行けばいいのか全くわからなかったけれど、

少しずつ、自分の好みがわかってきました。

 

当たり前なんだけど、面白くない本(合わない本)もあります。

それと、本屋さんが薦める、みたいなのは、イマイチだったから(私にとって)

今後は手に取らないようにしようとか。

 

 

『雪の鉄樹』遠田潤子

 

とても良かったですので、おすすめします。

主人公は、30代の庭師で、

全然、共感ポイントがないにも関わらず、

とても惹き込まれました。

 

 

そのイメージが頭にあって、

花屋で、雪柳をみつけました。

日に日に花が開いて、今見頃です。

(枝が自由すぎて、うまく写真に収まりませんでしたが)

 

 

 

 

人生にも流れ、みたいなものがあって、

時にはそれに流されてみるのもいいのかなと思っています。

 

何でも気合い入れて、自分で決める!とかじゃなく、

人に任せる、委ねることも楽しめたらいいです。

 

ちなみに今日は第3土曜日『サッドの日』ですね!!

 

 

 

今年もよろしくお願いします。

 

 

今年も、マイペースにやっていきます。

 

人生も音楽も楽しんで、

充実させていきたいです。

 

多くの作品と関わり、

素敵な人たちとの出会いがありますように。

 

そのために、たくさん心を動かしていきたいです。

 

そして、皆さんに、再び会える日を楽しみに、

その日のために、努力し続けます。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

今年もありがとう。良いお年を。

【そよぎから、あなたへ。】


2017年は、CDデビューから15周年ということで、

皆さんにたくさんお祝いして頂きました。


数は少ないですが、その分、ひとつずつ大切に、

濃密に音楽と向きあうことができました。

その成果を皆さんに届けることができたこと、

心からうれしく思います。

 

自分では、今が一番歌えていると実感しています。
色々あったけど、やっとここまで来られた!
続けてきたからこそ、得られたものですね。

 

その力をくれたサップラーの皆さんに感謝します。

ここまで来たら、人生をかけて、
サップラの音楽を、そよぎのうたを作っていきます。

サップラのおかげで、素晴らしい人たちと出会えました。
あなたと出会えたことで、
私の世界は面白く、そして美しくなりました。
ありがとう。

 

これからもよろしくお願いします。

2017年12月31日 そよぎ